1. HOME
  2. お便り
  3. ご連絡
  4. 梅雨の晴れ間のツツジ

梅雨の晴れ間のツツジ

願成寺のツツジ

緑とのコントラストで鮮やかな色彩を楽しませてくれるツツジの季節も終わりを迎えつつあります。写真は、山門から親王堂までの間に咲くツツジで、雨露を滴らせる姿が、この時期を早く終わらせて欲しいという願いを聞き入れてくれたようにも感じてしまう美しさです。

みなさん、ツツジって漢字で書けます? 住職は書かれそうな気がしますが、私は絶対無理です。
『躑躅』・・・正解を見ても書けそうにありません〜笑。

この漢字には、『見る人が足を止めるほど美しい』といった意味が込められているそうですが、その通り足を止めてしまったので、来年のこの時期までには書けるようになっておきたいなぁ〜なんて思ったり。

庭園のツツジと水仙はひっそりとした感じになって、山門のツツジとは逆に初夏が近づいているのを感じさせてくれます。ご先祖様も同じように、季節の移ろいを楽しんでいただけていますように。

願成寺の水仙とツツジ